微生物細胞機構学分野へようこそ

    (English description is below.)

    私たちは微細藻類を含む微生物を研究材料に用いて、食品・エネルギー・環境・医療分野に貢献する生命機能の原理を、ゲノム科学・分子細胞生化学・植物生理学・農芸化学の立場から解明しようとしています。
       具体的には、「効率的な光合成を支えるCO2濃縮、CO2・光・窒素などの環境変化に応答した遺伝子発現制御、光合成生物のCO2センサー、Ca2+センサー、DYRKファミリータンパク質によるシグナル伝達、光合成生物の比較ゲノム解析、遺伝子導入による有用物質・バイオ燃料生産の代謝工学」といったテーマに取り組んでいます。

研究紹介動画

ILASセミナー(旧ポケゼミ)

2016年度のILASセミナー「微細藻類の光合成とバイオテクノロジー:コナミドリムシの環境応答とバイオ燃料生産」の初回を4/14(木)5限目に開講 しました。今年は1回生6名と2回生1名の合計7名が受講しています。講義シラバスはこちら、データベース講習の講義資料はこちらを見てください。

For foreigner students

We welcome Master Course students, PhD trainees as well as Post-Doctoral fellows from any countries including Japan. A program "Global Frontier in Life Science" will support students from foreign countries. Entrance exam information is available here and the admission guidelines are available here.We are focusing on the molecular bases of biological functions of photosynthetic microorganisms contributing to production of food, carbon-neutral renewable bio-energy and industrial materials, and also to environmental remediation by photosynthesis. Especially we employ a green alga, Chlamydomonas reinhardtii, as a model eukaryotic microorganism using its genome information, mutants, and molecular or biochemical techniques. The current projects are
(1) Molecular characterization and improvement of the CO2-concentrating mechanism (CCM) supporting photosynthetic carbon fixation, energy production, and cell proliferation.
(2) Elucidation of regulatory network systems controlling photosynthesis by sensing environmental factors including changes of levels in CO2 concentration, light, and nutrient availability.
(3) Elucidation and engineering of metabolic pathways for production of neutral lipids, hydrocarbons, and carbohydrates.
(4) Molecular control and signaling of sexual reproduction by nutrient starvation.

If you are interested in joining us, please read the contents of our website. You are encouraged to sending us an e-mail containing the following information:
(1) Why you have selected our lab.
(2) What kind of research projects you want to study with us. Detail research plans, which fit with our research activities, are favorable.
(3) CV containing your accomplishments including scientific papers, oral presentations, and title of thesis.
(4) Names of persons who recommend you to be accepted. Actual recommendation letters are very helpful.

新着情報                一覧を見る

  • 2016/11/28
    大阪大学で行われた第29回植物脂質シンポジウムに福澤教授、梶川助教、新川さん、太田さんが参加し、太田さんが最優秀ポスター賞を受賞しました。
  • 2016/11/10
    実用珪藻ツノケイソウを用いて、医薬品や化成品原料となるリシノール酸の生産に成功した論文がScientific Report誌にアクセプトされました。[京都大学HP] [日経バイオテク] [日刊工業新聞誌面] [日刊工業新聞Web版]でも紹介されました。
  • 2016/10/17
    カルシウム結合タンパク質CASが葉緑体を介してCO2濃縮機構を制御することを明らかにした論文がPNAS誌にアクセプトされました。[京都大学HP] [国立環境研のニュースサイト]でも紹介されました。
  • 2016/9/11-12
    研究室旅行で伊勢・鳥羽に行きました。イルカ島を見学し、伊勢神宮を参拝しました。
  • 2016/8/30
    Shanghai Institute of Biological Sciences(中国科学院上海生命科学研究院)のMi Hualing博士にセミナーをしていただきました。
  • 2016/8/14-18
    ケンブリッジ大学で行われたCCM9会議に参加してきました。福澤教授と山野助教が口頭発表を行い、豊川さん、新川君がポスター発表を行いました。
  • 2016/8/3-5
    鶴岡メタボロームキャンパスで行われたImPACTプログラム「セレンディピティの計画的創出」のプログラム全体会議に山野助教、豊川さん、新川君が参加し、豊川さんが優秀ポスター賞を受賞しました。
  • 2016/7/3
    Kyoto University Amgen Scholars Programのsummer studentとして北海道大学の山本啓君を受け入れました。これから2ヶ月間、当研究室で実験を行います。
  • 2016/7/1-2
    Satellite Meeting on Photosynthesisが京都大学で開催され、山野助教が口頭発表を行いました。
  • 2016/6/26-7/1
    当研究室がオーガナイズした第17回国際クラミドモナス会議(17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas)が京都国際会議場で開催されました。梶川助教とD3の王君が口頭発表を行い、また多くのポスター発表を行いました。
  • 2016/5/28-29
    北海道大学函館キャンパスで行われた第18回マリンバイオテクノロジー学会大会に福澤教授と梶川助教が参加し、梶川助教が「モデル緑藻および実用珪藻における代謝工学」の演題でシンポジウム講演を行いました。
  • 2016/5/27-28
    東京理科大学葛飾キャンパスで行われた第7回日本光合成学会年会およびシンポジウムに山野助教が参加し、ポスター発表を行いました。
  • 2016/4/1
    M1の学生として、太田羽藍さんが研究室に参加しました。